株式会社 ビジネスアシスト

SHL適性テスト

もっと客観的な適性判断ができないだろうか?
と、お悩みの採用担当者様にお薦めします

「自社への適性を満たす」とはどのような人材なのか? 採用担当者の違いによって、採用基準にバラツキはないのか?
人材の発掘・採用において、「人が人を測る」ということは、どうしても主観と経験に頼りがちになってしまいます。
より客観的・合理的な採用活動の一助としてSHL適性テストを導入されてみてはいかがでしょうか?

SHL適性テストとは




SHL適性テストとは、イギリスに本社を持つSHLグループとライセンス契約を結んでいる日本エス・エイチ・エル株式会社が取り扱っている商品です。
SHLグループは世界50カ国以上に拠点を持ち、30国語以上の言語で同一の商品やサービスを提供する、世界最大のアセスメント・サービス・プロバイダーです。
その日本語版を開発する過程では、結果の信頼性と妥当性を確保するために最新の測定技術が駆使され、グローバルとローカルの最適なバランスが実現されています。
採用、配置、登用、能力開発等、あらゆる業種、業態の企業ニーズにお応えします。


SHL適性テストの特徴



SHLグループ商品の中核はOPQです。 (Occupational Personality Questionnaire) OPQは仕事に関係する個人のパーソナリティを測定する質問紙検査で、以下の特徴を持っています。

【1】質問項目が職務に関連している
【2】測定尺度の幅が広く、多様な職務についての適性を測定できる
【3】作為を防ぐ仕組みがある
【4】妥当性が高い


とりわけ、他社のパーソナリティ検査にない特徴として特筆されるのは、【3】の「作為を防ぐ仕組み」です。 自己理解を尋ねる質問紙法の場合、特に採用・選抜の場面では、受検者が意識的・無意識的に企業の望む人材をイメージして回答することになりやすい、という欠点があります。
この作為を最小限に抑えるためにOPQは、他社にない質問形式(イプサティブ形式)を採用しています。 採用場面で活用される総合適性検査は、このOPQと様々な知的能力の検査が組み合わされたものです。


SHL適性テストの種類


採用に関する適性テスト以外にも、配属・昇進・能力開発・組織開発に関連する様々な適性テストがあり、内容・料金につきましてはテストの種類により異なります。
詳しくは下記問合せフォーム、またはお電話にてお問合せください。 後日資料をお渡しいたします。

お問い合わせ・お申し込み

SHL適性テストに関するお問い合わせ・お申し込み、ご質問は下記フォームにて承ります。
翌営業日中に担当よりご返信もしくはお電話にてご連絡いたします。【営業日】祝日を除く 月〜金

お問い合わせ先

会社名・店名(必須)

ふりがな(必須)

ご担当者名(必須)

ふりがな(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス (必須)

所在地 (必須)

FAX番号

お問い合わせ種類

お問い合わせ内容(必須)

お急ぎの場合

お急ぎのお問い合わせ・ご掲載申し込みの場合は、お電話にて承ります。
その際、下記担当者に「ビジネスアシストのホームページを見た」とお伝えください。
【お電話受付時間】
祝日を除く 月〜金 9:30〜17:30
【受付担当】 採用サポート部 多部(たべ)